テレビのネタ

ハリー・ポッター 動画を吹き替えで!

ハリー・ポッター 動画を吹き替えで!

2010年11月19日にハリー・ポッターと死の秘宝 PART1が公開されました。内容は、ハリー達は分霊箱の手掛かりを探すうちに、死の秘宝の伝説に出会います。

一体、死の秘宝とは何なのか、どんな展開になっているのか、詳しくご紹介していきたいと思います。

そして、無料でハリーポッターの動画を吹き替えで視聴できる方法もご紹介していきます。

ハリーポッターと死の秘宝 PART1 キャスト

・ハリー・ポッター:ダニエル・ラドクリフさん

・ロン・ウィーズリー:ルパート・グリントさん

・ハーマイオニー・グレンジャー:エマ・ワトソンさん

 

・ベラトリックス・レストレンジ:ヘレナ・ボナム・カーターさん

・ルビウス・ハグリッド:ロビー・コルトレーンさん

・ドラコ・マルフォイ:トム・フェルトンさん

 

・ヴォルデモート:レイフ・ファインズさん

・アラスター・マッド-アイ・ムーディ:ブレンダン・グリーソンさん

・バーノン・ダーズリー:リチャード・グリフィスさん

 

・ルシウス・マルフォイ:ジェイソン・アイザックスさん

・セブルス・スネイプ:アラン・リックマンさん

・ピーター・ペティグリュー:ティモシー・スポールさん

 

・ドローレス・アンブリッジ:イメルダ・スタウントンさん

・リーマス・ルーピン:デヴィッド・シューリスさん

・ウィーズリー夫人:ジュリー・ウォルターズさん

 

・ジニー・ウィーズリー:ボニー・ライトさん

・フレッド・ウィーズリー:ジェームズ・フェルプスさん

・ジョージ・ウィーズリー:オリヴァー・フェルプスさん

 

・ドビー:ドビー・ジョーンズさん

・クリーチャー:サイモン・マクバーニーさん

・アルバス・ダンブルドア:マイケル・ガンボンさん

ハリーポッターと死の秘宝 PART1 あらすじ

ダンブルドアが亡くなった事により闇の帝王軍団の勢力は増していき、ホグワーツやマグルも襲われもはや安全な場所は皆無となりかけていた。

ダーズリー家も引越しを決意し、ハーマイオニーは両親から自分の記憶を消し、ハリーとロンも最後の戦いに向けて準備を進めていた。

マルフォイ家ではヴォルデモートとデスイーター達が集まり、こちらもハリーを狙う計画を進めていた。机上に浮かぶ死にかけた一人の女性、彼女はホグワーツでマグル学を教えており同僚のスネイプに助けを求めるが、当然聞き入れられる訳もなくヴォルデモートに殺されてしまう。しかもその亡骸はナギニの餌に。

ハリー1人になったダーズリー家に不死鳥の騎士団の面々が到着する。この家から逃げるタイミングを狙われると判断したマッド-アイは、特有のにおいを持つという未成年の魔法使い全員にポリジュース薬を飲んでハリーに変身させ、どれが本物か分からなくさせる作戦を立てた。みんなを危険な目に遭わせたくないと反対するハリーだが他に方法は無く、6人のハリーと騎士団メンバーがペアになり隠れ穴目指して飛び立った。

しかしそこまでしたにも関わらず、待ち伏せしていたデスイーターに襲われてしまう。間一髪でその場を切り抜けたハリーだが、ヘドウィグを失ってしまいジョージもその戦いで左耳を失った。さらにマッド-アイ・ムーディが死亡した事が報告される。その原因は彼とペアを組んでいたマンダンガス・フレッチャー。

マンダンガスはヴォルデモートが現れた途端姿くらましをしてマッド-アイを1人にしたのだ。そもそもこの日に逃げ出す事は極秘なはずで、誰かが情報を漏らしたに違いない。死を悼むと同時にマンダンガスへの怒りを覚える一同であった。

新しい魔法省大臣、ルーファス・スクリムジョールがダンブルドアの遺品を届けに隠れ穴へやって来る。ロンには灯消しライター、ハーマイオニーに吟遊詩人ビードルの物語という本、そしてハリーには金のスニッチが渡される。

ハリーにはもう一つグリフィンドールの剣が贈られるはずだったが肝心の剣は行方不明。それにしてもなぜこれらを渡したのか、どんな時にどうやって使うのかが分からず戸惑うばかりの3人。そんな中で行われたビル・ウィーズリーとフラー・デラクールの結婚式の最中、またもデスイーターに襲われてしまう。

ハリーポッターと死の秘宝 PART1 ネタバレ

セブルス・スネイプの呪文によって、ホグワーツ校長でありハリーの恩師アルバス・ダンブルドアは命を落とし、闇の帝王・ヴォルデモートの勢力は拡大していた。ダーズリー家は引越しを決意し、ハリーとロンは最後の戦いに向けて準備を進めていた。

ハーマイオニーは自分に何かあった時の事を考え、両親から自分の記憶を消し去った。一方、ヴォルデモート達はマルフォイ邸でハリーを倒す為の計画を進めており、捕らえられたバーベッジ先生が机の上に浮かんでいた。

ホグワーツでマグル学を教えていたバーベッジ先生は、死の直前にスネイプに助けを求めたが、あっさりとヴォルデモートに殺されてしまう。引っ越したダーズリー家にハリーが1人でいると、ロンやハーマイオニー、不死鳥の騎士団の面々が到着する。

マッドアイはにおいを持つハリー(未成年)を守る為、他の6人にポリジュース(変身薬)を飲ませ、ハリーに変身させてどれが本物のハリーか分からなくさせる作戦を立てた。

変身した各ハリーには護衛がつき、2人1組で隠れ穴を目指して飛び立ったが、待ち伏せていたデスイーター(死喰い人)にいきなり襲われてしまう。

ペアだったハリーとハグリッドは何とかその場を切り抜けるが、ジョージは左耳を失い、マッドアイは帰らぬ人となってしまう。

マッドアイとペアだったマンダンガスは、移動中にヴォルデモートが現れると、姿くらましでマッドアイを1人にしたのだ。

そもそもこの夜の移動は極秘だったが、誰かの裏切りによってバレていた。一同はマンダンガスを疑いつつも、マッドアイの突然の死を悼んだ。これ以上仲間を犠牲にしたくないハリーはこっそりと隠れ穴を出るが、それに気づいたロンから向こうの思うつぼだと止められる。

翌日、一同がビル・ウィーズリーとフラー・デラクールの結婚式の準備をしていると、魔法省大臣のルーファス・スクリムジョールがダンブルドアの遺品を届けにやって来る。

ロンに灯消しライター、ハーマイオニーに吟遊詩人ビードルの物語、ハリーに金のスニッチを渡したルーファスは、ダンブルドアがハリーにもう1つ形見を遺した事を伝えた。

それはゴドリック・グリフィンドールの剣だったが、肝心の剣は行方不明になっていた。結婚式の夜、ハリー達は久しぶりに楽しい時間を過ごしていたが、またもやデスイーターに襲われてしまう。

ハリーはジニーを守ろうとするが、危険を感じた3人(ハリー、ロン、ハーマイオニー)はシャフツベリー通り(ロンドン)に逃げる。

ハリー達は立ち寄ったカフェで2人の追っ手に襲われるが、ハリーたちは追っ手を倒して記憶を消した。その後、騎士団の本部(ブラック邸)に身を潜めたハリー達は、シリウス・ブラックの弟の手紙を発見する。

そこでハリー達は、シリウスの弟(レギュラス・アークタルス・ブラック)がRABだと知る。ハリーは隠れていたクリーチャーを見つけて事情を聞くと、2つのうち1つのロケット(分霊箱)を、マンダンガスが盗んでいた事が分かった。

ハリーはマンダンガスを見つけるようにクリーチャーに命じると、すぐにドビーと共にマンダンガスを連れてきた。ハリー達はマンダンガスを問い詰めるが、ロケットはドローレス・アンブリッジに奪われていた。

ロケットを取り戻す為、ハリー達はポリジュースで教師に変身して魔法省に侵入。尋問をしていたアンブリッジからロケットを奪うが、正体がバレて追っ手に追われてしまう。ハリー達はなんとか森に逃げ切るが、ロンが腕に大怪我を負ってしまった。

ロンはハーマイオニーの治療で一命をとりとめるが、ロケットを破壊できない3人は、極限に近い状況の中で険悪な雰囲気になっていく。そんな中、ハーマイオニーがグリフィンドールの剣なら分霊箱を破壊できる事に気がついた。

しかし、意見の食い違いや態度からハリーとロンは激しい口論となり、ロンはハリー達と離れる事になる。

その後、ハリーとハーマイオニーはゴドリックの谷に向かった。そこでハーマイオニーは、吟遊詩人ビードルの物語や、ルーナ・ラブグッドの父親が首から下げていた印と同じものがイグノタス・ペベレルの墓石に掘られている事に気がついた。

2人がハリーの両親の墓参りをしていると、そんな2人をじっと見つめる老婆(バチルダ・バグショット)がいた。ハリー達がバチルダの家についていくと、バチルダはお前がハリー・ポッターか?と尋ね、ハリーはそうですと答えた。

すると、バチルダはナギニ(ヴォルデモートの蛇)に姿を変えてハリーに襲いかかるが、ハリーはハーマイオニーに助けられる。

その後、2人は移動したディーンの森で夜を迎えたが、ハリーは牝鹿の守護霊に導かれ、湖の底にあるグリフィンドールの剣を発見する。ハリーは湖に潜って剣を掴もうとするが、首から下げていたロケットが邪魔をして溺れそうになる。しかし、ハリーは突然現れたロンに助けられ、2人は協力してロケット(分霊箱)を破壊した。ロンとハーマイオニーは感動の再開とはならなかったが、3人は再び行動を共にする事になる。

ハリーポッターと死の秘宝 PART1 主題歌

話題のシリーズ最終作のサントラが登場。おなじみの人気シリーズ、ハリー・ポッターの最終作のサントラがソニー・クラシカルよりリリース決定。

ハリー・ポッターシリーズ第7作目にして最後のアドヴェンチャーハリー・ポッターと死の秘宝は前・後編の2部作で公開予定で、今回の前編(PART1)はハリー、ロン、ハーマイオニーが大きな危険の伴う使命に取り組むところから始まる。

それは、ヴォルデモートの不死と抹殺の鍵である分霊箱を見つけ出し、破壊する事。ホグワーツの先生達の指導も、ダンブルドア校長の保護もなく、3人にはそれまで以上に互いを信頼する事が必要になる。

だが彼ら自身の中に潜む闇の力が3人を引き離そうとしていた。近作Part1は11月19日より丸の内ピカデリー1ほか全国にて公開されました。Part2は2011年7月15日に公開されました。

デヴィッド・イェーツ監督、音楽はニコラス・フーパーさん。サントラブックレット解説は前島秀国氏です。11月19日より丸の内ピカデリー1ほか全国にて公開されました。Part2は2011年7月15日に公開されました。

この商品に入ってる曲数は、全部で26曲です。例えば、空中戦やハリーとジニー、死の秘宝、ハーマイオニーを救え、ニワトコの杖などが入っています。

ハリーポッターと死の秘宝 PART2 あらすじ

ニワトコの杖を手に入れたヴォルデモート、ディメンターに囲まれたホグワーツ、苦悩の表情を浮かべるスネイプ、ドビーのお墓の前に佇むハリー。

それぞれが最後の戦いに向け覚悟を決める中、ハリーはゴブリンにグリンゴッツ銀行に入りたい旨を伝える。

グリフィンドールの剣が保管してあったというベラトリックスの金庫には他にも大事なもの、要は分霊箱も隠されているのではと考えたからだ。

しかし銀行の警備は厳重で侵入は容易くない、協力する代わりに剣をよこせというゴブリンの交換条件のもと、ハリー達は銀行へと向かう。

ハーマイオニーがポリジュース薬でベラトリックスに変身するが、そのぎこちない演技で危うく偽者だとバレそうになる。しかしなんとか侵入に成功し、予想通り分霊箱の一つであるハッフルパフのカップを手に入れた。その事を感じ取るヴォルデモートの思考が心に入ってくるハリー。

その中の映像にはレイブンクローの紋章が移りこみ、もう一つの分霊箱はホグワーツにあるとロンとハーマイオニーに伝える。

3人はホグズミードにある秘密の入り口からホグワーツに入ろうとするが、すでにデスイーターたちに待ち伏せされており襲われてしまう。そこである民家へと招きいれ助けてくれたのがダンブルドアの弟、アバーフォース・ダンブルドア。

彼は両面鏡でハリーを見守り、ベラトリックスに捕らえられた際ドビーを送らせた張本人であった。さらに壁には一人の女性の壁画が飾られており、妹のアリアナ・ダンブルドアであると説明される。

アリアナの死を巡り兄弟は疎遠になったというが、そもそもダンブルドアに兄弟がいた事など何も知らされなかっただろうと疑心を煽るアバーフォースに対し、ダンブルドアを信じると訴えるハリー。

するとアバーフォースはアリアナに命令しネビルを連れてこさせ、デスイーターに阻まれない唯一のホグワーツへの侵入口を把握させる。そこに集まった学生達は久しぶりに再会したハリーを歓迎し、今やスネイプが校長となりかつてのホグワーツの姿は跡形も無い事を告げられる。そして、生死をかけた最後の戦いが幕を開ける。

ハリーポッターと死の秘宝 PART1 評価

ハリー・ポッターと死の秘宝の売り上げは記録的なものだった。死の秘宝のアメリカでの初版部数は1200万部で、そして100万部以上がAmazon.comとバーンズ・アンド・ノーブルで予約され、プレ・セールスは謎のプリンスより500%高かった。

2007年4月12日、バーンズ&ノーブルは死の秘宝がサイトを通して50万部以上の注文を受け、予約数の記録を破ったと発表しました。

発売日には、アメリカ合衆国で830万部(1秒あたり96部以上)、イギリスで265万部の売り上げを記録しました。これにより24時間以内に米国で最も売れたフィクションの本としてギネス・ワールド・レコーズに認定されました。

また、W・H・スミスでは最高で1秒あたりに15部を売り上げました。発売から約1年後となる2008年6月までに世界中で約4400万部を売り上げました。また、ハリー・ポッターと死の秘宝は複数の賞を受賞しました。

2007年、ニューヨーク・タイムズの注目の100冊と注目の児童書に選ばれました。ニューズウィーク誌の評論家であるマルコム・ジョーンズは本作を2007年の最も良い本と評価しました。

また、パブリッシャーズ・ウィークリーは2007年のベスト・ブックスの中にハリー・ポッターと死の秘宝を入れました。2008年、アメリカ図書館協会は青少年向けのベスト・ブックのひとつとし、また、注目の児童書のリストに入りました。更に2008年、コロラド・ブルー・スプルース・ブルー・アワードを受賞しました。

ハリーポッター 動画を吹き替えで無料視聴できます!

『ハリーポッター』の映画動画を吹き替えや字幕で無料視聴できるオススメな方法をご紹介していきます。

●『ハリーポッター』映画の動画を吹き替えで見たい!

●当然無料でみたい!

●他のハリーポッター シリーズも見たい

という方は、動画視聴できるところを探している事かと思います。

しかし、映画を視聴するならお金をかけたくないと思います。。。私もその1人なので、当然同じ気持ちです(笑)

そして、私も活用していて、オススメの方法が!

日本最大級の動画配信サービス『U-NEXT』という動画見放題サービスになります。

しかも、今なら31日間無料お試しキャンペーンがあり、かなりオススメなサービスと言えます。また、31日間無料トライアル期間の長さは動画見放題サービスサイトの中では、最長となります。

私も無料キャンペーンという事でU-NEXTに無料登録して、そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

しかも、現在、U-NEXTではハリーポッターの動画は全シリーズ見る事ができます。他にも最新2017年秋のドラマや最新映画も視聴可能となっております。

 

31日間の無料登録キャンペーンはいつ終了するか、わからないので、お早めに登録しておく方が良さそうです。

ハリーポッター 動画を吹き替えで!炎のゴブレットに注目!についてでした。

最後に…

誰もが大好きなハリー・ポッター。本のが好きと言う方もいれば、実写化のが好きという方もいます。こればかりはもう人それぞれですよね。

でもやっぱりハリー・ポッター好きじゃないとゆう方はあまり聞きませんね。子供から大人まで見れて魔法とゆう未知の世界なのでとても面白い内容になっていますし、誰でも見やすいです。たまに金曜ロードショーで放送されたりしているので、是非一度見てみてください。

コメントを残す

*